基本から勉強しよう

男性の後ろ姿

インフラエンジニアになるためにはプログラミングスキルが必ず必要になってきます。ただ、問題なのはプログラミングスキルをどうやって習得すればいいのか?という話になるでしょう。今回は初めてプログラミングに関わるという人に、その方法の例を出していきたいと思います。まずインフラエンジニアは基本的にウェブサイトのベースとなるインフラ部分の技術に特化した人のことを言いますが、まずあなたに必ず覚えておいてほしいのがHTMLの概念になります。HTMLはまさにプログラミングスキルのなかでも基本中の基本となりますので、HTMLは必ず一番最初に網羅しておいてほしいと思います。そしてそこに必ず関わってくるのがCSSです。CSSは簡単に言えば装飾部分となります。HTMLは文章部分やいろんな他のプログラミング言語と同期させる基盤となるわけですが、そこにこのCSSを同期させていくわけです。これによりただの文字ページに色がついた状態を作ることができます。そしてインフラエンジニアにとってもっとも重要な部分としてphpを使った作業があります。phpはずばりサーバーに関する言語となり、動的なプログラミングを施すときに使用します。たとえば掲示板の投稿フォームがありますよね。あれもphpと呼ばれるプログラミング言語でできているのです。ウェブサイトでユーザーが何かしたいというときにphpがあれば、いろんな動的コンテンツを作ることができるようになります。特に商用利用を考えて作る場合にはほとんど必須になってくるので、インフラエンジニアになりたい人はこれらのプログラミング言語を順番にまずは勉強していきましょう。