未経験で採用されたい

パソコンを持っているメガネの男性

インフラエンジニアの求人情報を見てみると、基本的にはどこも必ず経験者を優遇した採用をしていることがわかります。つまり、完全未経験な状態からインフラエンジニアになることは非常に困難だと思っておいてください。ただ、これから初めてこの業界に突入する場合は、当然仕事でプログラミングをした経験がないかと思います。しかも新卒でもないという人は、一体どこからプログラミングに関する経験を積み上げていけばいいのか?と疑問になることでしょう。でも安心してください。インフラエンジニアになるために必要なのは当然プログラミングに関する知識なわけです。基本的に経験者しか採用しないところがかなり多いですが、だからといって応募を諦める必要はありません。もしあなたが中途採用からインフラエンジニアに初めてなりたいと思ったら、まずは自分でプログラミングスキルを勉強し、そこから自分でポートフォリオとなるものを作ってしまえばいいのです。経験がある人は別ですが、ない人ほどポートフォリオが必ず面接の役に立つことになるでしょう。面接時には実務経験はないけれど、こういうものが作れますということでポートフォリオを差し出せば、相手の人もきっと納得してくれるはずです。作ったものがもしかすると相手が求めていたような技術である可能性もあるので、やはりまずは自分で時間をかけて良いウェブサイトを作ることから始めてみてください。これであなたがたとえ実務未経験者であっても、きっとインフラエンジニアへの道が開けるようになるでしょう。