仕事の流れを知る

笑顔の男性

では今回はインフラエンジニアの具体的な立ち位置をもっと詳しくお話したいと思います。インフラエンジニアに見事なったとき、あなたはプログラミングを毎日パソコンに向かってすることになると思うかもしれませんが、実は意外とそうでもありません。むしろその作業に関してはあまり関わらないと思っておいてもいいでしょう。ではインフラエンジニアは一体何をメインに仕事をしていくのか?というと、基本的にはデザイナーと相談しながら現実的に実現できそうなウェブサイトのデザインを考えて、どのような構成にしていくのかを考えるのがメインになります。実際にプログラミングを施すのはプログラマーと呼ばれる職種になるので、インフラエンジニアになろうと考えている人はコミュニケーション能力が必ず必要になってくるでしょう。まずデザイナーがウェブデザインを考案します。そしてインフラエンジニアはそれを見て設計図を作ることになります。なぜ設計図が必要かというと、プログラマーの人にスムーズに仕事をやってもらうためです。また、その際に必要な機材やソフトウェアがあればそれも用意してあげることになるでしょう。機材のなかには重たいものもたくさんあるので、あまり力がない人は意外とそこで辛いなぁと思うようになるかもしれません。なのである程度体力があることもインフラエンジニアには大事になってくるでしょう。そしてインフラエンジニアは必ずアフターフォローを忘れてはいけません。キャパシティ管理や障害対応など、常にインフラが正常に動くようにずっと確認していかなければならないのです。そのため全体を通してかなり大変な仕事になりますが、その分稼ぎやすいのでやりがいを感じていただけるでしょう。